2018年 03月 20日

【あかねこ計算スキル⑧】ユニバーサルデザイン~2.コース選択で個に応じた学習を~

2018年度新学期、『あかねこ計算スキル』が新しくなります。
この連載では、『あかねこ計算スキル』改訂のポイントを1つずつ取り上げ、特長をご紹介します。
   
『あかねこ計算スキル』は、子どもたちがスムーズに学習を進められるよう、使いやすさを追求して設計されています。
今回は、「すべての子どもたちに、見やすく使いやすい教材を届けたい」という思いから、合理的配慮を徹底させるため、「ユニバーサルデザイン(UD)」を目指して工夫した点をご紹介します。

子どもたち1人1人に合った学習を実現する「コース選択」

『あかねこ計算スキル』の「基本ページ」は、授業の終わりに集中して学習内容を身につけることができるように、取り組む時間を約6分間と設定しています。
しかし、クラスの中には、計算が早い子どももいれば、問題を解くのに時間がかかってしまう子どももいるでしょう。
   
あらゆる人が快適に利用できる「ユニバーサルデザイン(UD)」を考える上で、どんな人でも公平に利用できること、使い方に選択肢などの柔軟性があることは不可欠な要素です。

そこで『あかねこ計算スキル』には、子どもたち1人1人が自分に合った学習を選べるように「コース選択」という仕組みを設けています。
   
『あかねこ計算スキル』の「基本ページ」では、内容や問題数に応じて設定してあるコース(2問コース、5問コース、10問コースなど)の中から、子どもたちが自分で選択して問題に取り組むようになっています。
たとえば、ゆっくりと確実に解きたい子どもは2問コース、少しはやく解きたい子どもは5問コース、得意な子どもやもっと問題をはやく解きたい子どもは10問コースというように、子どもたちはそれぞれ自分の解く問題数を選ぶことができます。

自分のペースできちんとできれば全員100点

大切なのは、「はやく多く解けた人ではなく、自分で決めた問題がきちんとこなせた人が全員同じ100点をとれる」と子どもたちに伝えることです。
そうすることで、計算が苦手で2問コースを選んだ子どもも、安心して問題に取り組むことができます。
  
取り組む時間は全員同じですが、どのコースを選ぶかによって、問題ごとの配点は異なります。
たとえば、2問コースを選ぶと1問50点、5問コースを選ぶと1問20点、10問コースを選ぶと1問10点です。
このため、自分で決めた問題数を全て解ければ、どのコースを選んでも等しく100点がとれるのです。

すべての子どもたちに、見やすく使いやすい教材を

この他にも、使いやすさを追求した『あかねこ計算スキル』には、子どもたちをサポートする工夫がたくさん詰まっています。
ぜひ連載記事をチェックし、学校にお届けする『あかねこ計算スキル』の見本を手にとってみてください。

おすすめの記事

関連するキーワード

あなたのご意見、 聞かせてください

エデュサプリへのご意見・お問い合わせ

メッセージ送信フォーム
記事タイトル
お名前
年齢
都道府県
メールアドレス
メッセージ
必須