2018年 03月 12日

【あかねこ計算スキル⑦】ユニバーサルデザイン~1.誰にとっても読みやすいUDフォント~

2018年度新学期、『あかねこ計算スキル』が新しくなります。
この連載では、『あかねこ計算スキル』改訂のポイントを1つずつ取り上げ、特長をご紹介します。
   
『あかねこ計算スキル』は、子どもたちがスムーズに学習を進められるよう、使いやすさを追求して設計されています。
今回は、「すべての子どもたちに、見やすく使いやすい教材を届けたい」という思いから、合理的配慮を徹底させるため、「ユニバーサルデザイン(UD)」を目指して工夫した点をご紹介します。

UDフォントで、誰にとっても読みやすい紙面に

▲表紙に、UDフォントを使っていることを表す「UD FONT マーク」を表示している。

『あかねこ計算スキル』は、「UDデジタル教科書体」をはじめとする「UDフォント」を採用し、どんな子どもにとっても読みやすい紙面を目指しました。
   
「UD(ユニバーサルデザイン)」とは、年齢・性別や障害に関係なく、あらゆる人が商品やサービスなどを快適に利用できるよう配慮されたデザインのことです。
  
「UDフォント」は、ロービジョン(弱視)、ディスレクシア(読み書き障害)の方に配慮したデザインの書体で、誰にとっても形がわかりやすく、文章が読みやすいように設計されているのが特長です。
これは、2016年度より施行された「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」の理念に基づいたものでもあります。

▲「UDフォント」を使用した紙面の例。『あかねこ計算スキル』では、見やすい紙面になるようさまざまな工夫を施している。

すべての子どもたちに、見やすく使いやすい教材を

この他にも、使いやすさを追求した『あかねこ計算スキル』には、子どもたちをサポートする工夫がたくさん詰まっています。
ぜひ連載記事をチェックし、学校にお届けする『あかねこ計算スキル』の見本を手にとってみてください。

おすすめの記事

関連するキーワード

あなたのご意見、 聞かせてください

エデュサプリへのご意見・お問い合わせ

メッセージ送信フォーム
記事タイトル
お名前
年齢
都道府県
メールアドレス
メッセージ
必須