2018年 02月 08日

【あかねこ計算スキル③】「みけねこ先生のアシストナビ」で、もうつまずかない!

2018年度新学期、『あかねこ計算スキル』が新しくなります。
この連載では、『あかねこ計算スキル』改訂のポイントを1つずつ取り上げ、特長をご紹介します。

算数の学習には、既習事項の積み重ねが大切

算数の学習は既習事項の積み重ねで成り立っています。
たとえば、2年の「たし算の筆算」と「かけ算九九」ができれば、3年の「整数×整数」の計算をすることができます。
でも、今まで学習した内容が思い出せなかったり、自信がなかったりしてしまうこともあるかもしれません。
子どもが算数に苦手意識をもつのには、こういった「思い出せない」「できない」「わからない」というつまずきがきっかけとなることがあります。
   
そんなときは、新しい『あかねこ計算スキル』についたしおり「みけねこ先生のアシストナビ」を使ってみてはいかがでしょうか。
「みけねこ先生のアシストナビ」は、子どものつまずきを防ぐことで、「できる」「わかる」を積み重ね、算数が好きになることを目指して作られたしおりです。

習った内容が確認できるしおり「みけねこ先生のアシストナビ」

▲「みけねこ先生のアシストナビ」は裏表紙を開いたところにある。

「みけねこ先生のアシストナビ」は、問題を解くのに必要な既習事項や、つまずきやすい内容を掲載しています。
問題の解き方に自信がないときなど、必要なときに「みけねこ先生のアシストナビ」を開くと、学習したことを思い出すことができます。
   
このように『あかねこ計算スキル』では、「みけねこ先生のアシストナビ」をヒントにして問題を解くことができる仕組みがあるので、子どものつまずきを防ぐことができるのです。

▲「みけねこ先生のアシストナビ」を開いたときの紙面イメージ。解き方や途中計算のヒントが載っている。

学年・学習時期に応じた内容を掲載

▲「みけねこ先生のアシストナビ」の例。学年・学習時期に応じてさまざまな内容を掲載している。

「みけねこ先生のアシストナビ」では、既習事項に自信がないときの助けになるよう、「かけ算九九」のような、さまざまな計算をする際に必要となる基本的な事項や、体積など重要な公式を掲載しています。
また、同じ「かけ算九九」の「みけねこ先生のアシストナビ」でも、学習したばかりの2年、3年では「いんいちがいち」といった読み方まで詳しく載せるなど、学年・学習時期に応じた工夫を施しています。

学年 内容例(1学期)
1年 10までのかず
2年 たし算のひっ算
ひき算のひっ算
3年 かけ算九九
わり算
4年 かけ算九九
わり算の筆算
5年 かけ算九九
直方体の体積を求める公式
立方体の体積を求める公式
6年 かけ算九九
分数のかけ算
分数のわり算
▲「みけねこ先生のアシストナビ」の内容例。

「みけねこ先生のアシストナビ」で、学習意欲の向上を

問題を自力で解くことができる、100点がとれる、という体験は達成感・やる気の向上につながります。
「みけねこ先生のアシストナビ」は学習内容の定着に役立つだけでなく、学習意欲を高めることのできる画期的なしおりです。
   
この他にも、新しくなった『あかねこ計算スキル』には、子どもたちをサポートし、やる気を起こさせる工夫がたくさん詰まっています。
ぜひ連載記事をチェックし、学校にお届けする『あかねこ計算スキル』の見本を手にとってみてください。

おすすめの記事

関連するキーワード

あなたのご意見、 聞かせてください

エデュサプリへのご意見・お問い合わせ

メッセージ送信フォーム
記事タイトル
お名前
年齢
都道府県
メールアドレス
メッセージ
必須