2018年 02月 01日

光村の辞典に移行措置対応「別冊 補足資料」がつきます!

新学習指導要領と移行措置について

新学習指導要領が2017年に告示され、小学校では2020年度から完全実施されます。
この新学習指導要領では、学年別漢字配当表(当該学年で学習することが決められている漢字を示した表)に変更が加えられ、今まで中学校で学習することとなっていた漢字のうち、20字が小学校4年生の配当となります。
この20字は、すべて都道府県名に使用されている漢字で、4年生の社会科で都道府県を学習する際に必要であることから、4年生に配当されることとなりました。
これに伴い、5年生、6年生でも学習する漢字が変わります。
   
2020年度の完全実施に先立って、小学校の授業では、学年別配当漢字に関わる内容を、2018年度の4年生、2019年度の4年生、5年生で学習します。

『小学新国語辞典 改訂版』『小学新漢字辞典 改訂版』では、この先行実施への対応として「別冊 補足資料」を作成しました。
  
「別冊 補足資料」には、新たに小学校で学習する20字の漢字と、新しく学習する読みのある4字の漢字の情報を、辞典本冊と同様の体裁で掲載しています。
また、新学習指導要領の学年別漢字配当表にあわせた「学年別学習漢字表」を収録しています。

▲(左)学年別学習漢字表、(中央)漢字辞典「別冊 補足資料」、(右)国語辞典「別冊 補足資料」

2018年度、2019年度の移行期間を経て、2020年度からは、漢字の学習は新学習指導要領にのっとって行われることとなります。
この「別冊 補足資料」を大切に保管し、6年生の学習が終了するまで、辞典本冊とあわせてご利用ください。
   
ページ下部よりダウンロードし、印刷して使用することもできます。

▲日本地図を見て漢字を確かめることもできる。

また、「別冊 補足資料」の後半のページには『小学新国語辞典 改訂版』『新小学漢字辞典 改訂版』の学習に活用できる使い方を掲載しています。
練習問題に取り組みながら辞典の引き方を覚えたり、ゲームをしながら辞典に親しんだりすることもできます。
  
『小学新国語辞典 改訂版』『新小学漢字辞典 改訂版』をお使いの際は、ぜひ「別冊 補足資料」をあわせてご利用ください。

ダウンロード

おすすめの記事

関連するキーワード

あなたのご意見、 聞かせてください

エデュサプリへのご意見・お問い合わせ

メッセージ送信フォーム
記事タイトル
お名前
年齢
都道府県
メールアドレス
メッセージ
必須